不労所得生活

不労所得生活をしたい! 不労所得の種類や作り方、サラリーマンでも出来る不労所得の税金対策・資産運用についてまとめます!

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍・電子書籍で不労所得


Category: 不労所得の種類   Tags: 不労所得  種類  書籍  電子書籍  
不労所得と一言言っても、様々な種類があります。
今回は小説、携帯小説などを書くなど
書籍・電子書籍で不労所得を得る方法についてまとめてみようと思います。


書籍・電子書籍で不労所得を得るには

自分で本を書いてその本が売れれば印税が入ってきますから、
一生不労所得を得ることは可能ですよね。
ただ、自分で本を書いて売るということは難しいことだと思います。

まず、自分で書いた本を出版社に認めてもらっても、
契約によっては半分自費で出版することになったり、
すべて自費出版になってしまうこともあります。

自分で本をかいて出版できれば不労所得を得ることができますが、
実際に書こうと思っている人は少ないのではないでしょうか。


書籍・電子書籍で不労所得を得る方法

この書籍・電気書籍での不労所得は、敷居が高そう・・・。
ただ、そんな人には電子書籍という方法もあります。
電子書籍を知っている方はいますか?
最近、普及しつつある電子書籍。
電子書籍というのはインターネットでだけ出版されている書籍のことを指します。

この電子書籍は実際に本を出版するよりも、はるかに手軽に本を出版することが可能。
電子出版なら印刷もしなくてもいいですし、
すでに、携帯小説などを公開する場というのも多く存在します。
この電子書籍での不労所得なら、
手軽に本を書いて売ってみることもできるかもしれません。

電子書籍を書いて、不労所得を得るという方法もいいかもしれませんね。


電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍

短所
・読書には他の機器を必要になる。
・電子化されたデータにすぎずため、保管にも他の媒体を必要。
・機器、媒体の劣化破損。
・「将来どう変化するか、互換性が保たれるか」という問題。

長所
・保管場所はほぼ必要としません、形態性に優れている。
・家庭からでもどこからでも購入できるといった即時性に優れている。
・物質的な完成品でなく電子データなので、文字の拡大縮小が可能。
・編集変更など個人で変形できる自由性。
・音声動画等との連携、すばやい検索目的のページへのジャンプ、辞書機能との連携など
関連記事

テーマ : 資産運用について    ジャンル : 株式・投資・マネー

Comments

Leave a Comment




Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。